冠婚葬祭で使うふくさについて

ふくさとは、主に慶事や弔事などで、ご祝儀や香典を包むものとして使われる正方形の布です。
もともとは貴重品を入れた箱を包むための風呂敷だった言われています。
贈答品の汚れや日焼け防止という実用的な意味がありましたが、冠婚葬祭で使うふくさは、おもに相手の気持ちを思いやり、礼節を重んじるという心遣いの表れとして用いられているのが一般的です。
また、熨斗袋の水引が崩れるのを防ぐという目的もあります。
さまざまな色がありますが、慶事の場合は赤やピンクといった暖色系、弔事の場合は紺や緑といった寒色系を使います。
ちなみに、紫色はどちらにも使うことができます。
ふくさの包み方は、慶事と弔事で少し異なっていて、慶事では左、上、右、下の順で包んでいくのに対し、弔事では右、下、左、上の順で包んでいきます。
渡すさいには、慶事では左手のひらに置いて、右手で開いていくのに対して、弔事では右手のひらに置いて、左手で開いていくのがマナーとされています。