ふくさは冠婚葬祭の必需品

社会人になったら冠婚葬祭の必需品として、ブラックフォーマルやお数珠、真珠のアクセサリーと共に、ぜひ準備しておきたいものがあります。
それは『ふくさ』です。
例えば受付でご香典やご祝儀を渡す時、バッグやポケットからニュッと裸の袋を出す仕草は、あまり見栄えの良いものとは言えません。
こんな時、濃い紫色のちりめんのふくさから、そっとさり気なく包みを取り出して手渡す女性には、やはり誰しもたしなみを感じるものです。
そんなに高いものではありませんから、ぜひ一つ用意しましょう。
悲しみの席でのふくさには今言った濃い紫色だけではなく、伝統的な喪の色である鈍色(濃い灰色)のものや、黒などもあります。
柄は無地がほとんどですが、蓮の花や流水などの小さな刺繍のあるものもあります。
いずれにしろ、先様に失礼とならない地味なものを選びましょう。
これとは別にご祝儀用のものも売られていますが、こちらは紅白や金色を使ったおめでたいものです。
二つを間違いないように使い分けましょう。