冠婚葬祭のマストアイテムふくさ

ふくさとは、冠婚葬祭のシーンでご祝儀やお香典などの金品を包むための布のことです。
一口に布といっても、様々な形をしたものがあり、風呂敷状になっているものや、手帳状になっているものなどがあります。
冠婚葬祭のシーン別に見たふくさの使い分けですが、結婚式などに用いる慶事用と、葬儀などに用いる弔事用があります。
慶事用では、縁起の良い華やかな色のものであれば良いとされており、デザインや色の選択肢も広くなっています。
最近では、ゴールドやシルバーなどのパーティーバッグに入れても見栄えのするものや、ピンクや水色などのパステルカラーものまであり、厳密な線引きは無くなってきているのです。
一方、弔事用では、黒や紫など選べる色は限られており、華美なものは避けるべきとされています。
また、便利なものでは、慶事用と弔事用がリバーシブルになっているものもあり、ふくさの選び方に迷った時には、このタイプのものを一つ持っておけば、どのような場面でも安心です。